ソフト闇金の個人事業への融資

会社形態の法人として事業をおこなう場合は、過去の業績や納税状況に応じて一般の金融機関の借入審査を通りやすく、信用次第で低金利の融資も受けられます。
しかし、個人事業主の場合は、医師、弁護士、公認会計士などの一部のステータスホルダーを除くと融資を受けるのが厳しい場合が多いでしょう。
特に商売を立ち上げた2~3年は、資金も売上も信用もない状態になることが多く、金融機関の審査が通りにくいのです。
自営業やフリーランスと言った個人事業主の方が融資を得るための方法にソフト闇金があります。
一口にソフト闇金と言っても対応は業者によって幅があり、個人事業主では融資を拒否される場合もあるでしょう。
しかし、大部分のソフト闇金は個人事業主への融資に前向きです。
ただし、ソフト闇金でも融資を受けることができないケースがもちろんあります。
個人事業主もその収入はピンキリであり、不動産収入などで1億円以上稼ぐ人もいれば、事業が思ったほどうまくいかず日々の生活がままならない人もいます。
零細の個人店舗やフリーランスの方などで毎月安定した収入が見込めない場合も多いでしょう。
そのような返済能力が極端に低い人の場合は、どのソフト闇金でも借り入れの審査を通りにくくなります。
覚えていただきたのは、ソフト闇金において重要な貸し付け条件の1つは、「毎月安定した収入があること」です。
来月の売上(収入)もどうなるか分からない状況ではなかなか審査を通りません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!