ソフト闇金の強みは「給与明細なし」でもOKという柔軟な対応

ソフト闇金の強みは柔軟な対応が可能なところです。
銀行などの金融機関はルールが明確になっていて、ルールを変えたりはみ出すようなことはしません。
常に真面目でリスクが高くなるようなことは一切行わないです。
一方のソフト闇金は明確なルールというものは決まっていないことが多いです。
金利に関しては法律で定められていますが、審査基準や条件などに関するルールは自分たちで設けることが可能です。
そのため銀行では審査に落ちる人でも借り入れできる可能性が高くなります。
例えば収入がない無職でも条件次第でお金を借りることができます。
無職の場合はどこからも給料をもらっていないので、給与明細の提出を求められても難しいです。
その場合は資産が分かるものを提出したり、銀行の残高などで返済能力を示すことも可能です。
ソフト闇金によっては「給与明細なし」でもOKという会社もあるので、無職で借り入れを諦めてしまっている人は候補に入れてみると良いです。
もちろん全てのソフト闇金が「給与明細なし」でもOKではないので、その点は少し注意が必要です。
無職で給与明細の提出も難しいということは社会的な信用は限りなくゼロに近いです。
債務整理中の方や金融ブラックの方と同じくらいの立場であることは理解しておく必要があります。
借り入れできる金融機関はかなり限定されますし、ソフト闇金でもかなりリスクが高い会社しか対応してくれないことも理解しておかなければいけません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!