ソフト闇金の返済方法の特徴

ソフト闇金の返済方法は、業者によって異なります。
ただ、普通の消費者金融とは異なる闇金独特の返済方法になっていることが多いです。
7日や10日といったような短い周期で利息以上を返済していきます。
通常のヤミ金の場合は完済させず延々と利息のみを支払わせますが、ソフト闇金の場合は暴利であっても返済は可能です。
中には、完済歴が要って椅子ある場合は、再度借りる場合に多少金利を安く設定してくれるところもあるくらいです。
この点は、ただのヤミ金とは大きく異なるポイントと言えるでしょう。
また、借りることのできる上限額も初回は低く設定されますが、完済回数が多ければ上限が上がるところが多いです。
ソフトヤミ金は性質上ヤミ金なので違法な存在であり、法的には返済の必要がありません。
そのため、中には借り逃げをするパターンもあります。
完済を繰り返す客はソフト闇金業者にとっては上得意の客であるため、条件を緩和するなどリピーター獲得のための優遇措置をとっているわけです。
ホームページを持っているソフト闇金業者は多いですが、身バレを防ぐために連絡先や返済先の口座などの情報は一切書かれていません。
やり取りは電話やラインを使って行うのが一般的であり、へんさいする前日に連絡をして、振込先口座を教えてもらうというスタイルが多いです。
毎回返済先が変わることになるケースが多いですが、これは違法に作成された口座を用いており、いつでも凍結のリスクがあるので前日に指定するという方法が用いられます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!