ソフト闇金は返済サイクルが短いが実質的に長期貸付を受けることも可能

ソフト闇金の返済サイクルはとても短期で、1週間から10日が返済期日となっていることが多いです。
そのため、長期融資は無理だと考えてしまいますが、実質的に長期融資を受けられるケースも少なくありません。
それは、ジャンプという方法を認めている場合です。
これは何も特別なケースではなく、認めているソフト闇金業者は多くなっています。
ジャンプとは、利息のみの支払いで返済期日を伸ばす方法です。
1週間という期日になっているのであれば、利息を支払うことでさらに1週間返済期日を伸ばすことができます。
この時元金の一部を支払うことも可能で、この方法を活用すれば実質的にソフト闇金で長期貸付をしてもらえることになります。
ただし、ソフト闇金の利息はこのように短い返済サイクルであっても20%や30%が当たり前です。
ジャンプを繰り返すことは、元金が減らないのに高い利息を払い続けることになるので、長い目で見ると支払総額は元金の何倍にもなることさえあります。
業者がジャンプを認めているのも、法外な利息を得られるというメリットがあるからです。
従来の闇金は元金を受け取らずずっと利息だけを支払わせることで利益をあげていましたが、ソフト闇金に関しては元金の受け取りはしてくれます。
搾取の仕方が払えなくなるまでむしり取るという方法から、リピーターにさせて利益をあげるという方法に変化しています。
これは、闇金の取り締まりが強化され、従来型では立ち行かなくなったことが原因です。