ソフト闇金 初回 20万

ソフト闇金で初回20万円借りるには
■ソフト闇金の初回とリピート利用
ソフト闇金では、その業者を初めて利用する初回ユーザーと1回目の返済後に再び利用するリピートユーザーで、貸付額に差を設けているケースも多いです。
なぜでしょうか。
それは、返済してくれるかどうか、初回の利用時は未知数だからです。
ソフト闇金のユーザーの多くは、銀行や消費者金融などの普通の金融機関では借りられない人たちです。
お金に困っていて、返済できるかどうかの確証はありません。
そのため、初回利用時は少なめに貸すケースが多く、上限を10万円程度に限定しているケースは多いです。
ただし、在籍確認ができることや給与明細などの収入証明書を提出すると、応相談で個別に貸付額をアップしてくれるケースはあります。
■初回20万円借りるには
では、初めてのソフト闇金で20万円借りるにはどうすればいいのでしょうか。
まずは、初回の上限額が20万円以上のソフト闇金を探しましょう。
手取りとして確実に20万円ほしいのであれば、20万円以上ではなく、それより多い30万円などを貸してくれる業者を探すことが必要です。
なぜなら、手数料や利息の先取りされるケースも多いためです。
ただし、手数料無料で、利息の天引きもしないソフト闇金なら、初回20万円が上限でも、丸々手に入る可能性はあります。
■先取りに気を付けよう
ソフト闇金に多い先取りというのは、手数料や利息を貸す金額からあらかじめ差し引いて振り込むという手法です。
たとえば、20万円申し込んでも、手数料3,000円と利息として2割の4万円を先取りされてしまうと、15万7,000円しか手に入りません。
20万円ほしかったのに15万7,000円となるとかなり差が生じるので、困る方も多いのではないでしょうか。
しかも、返済時は20万円を返します。
一方、利息の先取りがなければ、手数料だけ差し引いて19万7,000円が振り込まれます。
返済時は利息を付して、24万円返さなくてはなりません。
これに対して、手数料も無料なら20万円を受け取って、返済日までに24万円を返します。
■ソフト闇金の使い方
このように、ソフト闇金は貸す仕組みや返す仕組みもそれぞれです。
ソフト闇金のホームページを見るとどれも同じように見えますが、実はかなりシステムは異なります。
誰にでも高金利で貸す一律対応に思えますが、借りる人の状態に応じて、より多く貸してくれることや利息を上乗せする分、分割返済を認めるなど個別対応も採っています。
いくら借りたくて、いくら返せそうか、よく検討して使いましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!