ソフト闇金 初回 30万

ソフト闇金で初回で30万円借りるのは可能?
■初回で30万円借りるのは難しい
現在のソフト闇金は審査が厳しいところが増えています。
借り逃げされないためには、審査基準を上げざるを得ないわけです。
昔の闇金なら初回で30万円は普通に借りられましたが、現在は厳しくなっています。
なぜ融資枠が少額になったかというと、返済不能になる人が多かったからです。
そこで、初回融資の上限が100万円、50万円、30万円というように少なくなったのです。
現在では初回で30万円OKのソフト闇金は少数派で、10万円以内の設定が主流となっています。
3万円や5万円からスタートする業者も少なくありません。
ただ、系列店で過去に借りたことがある利用者に関しては、初回融資でも融通を利かせてもらえる場合があります。
ソフト闇金からいくら借りられるかは、申込者の返済能力と信用力に左右されます。
■初回で30万円は借入額として適切?
初回で30万円という金額は、ソフト闇金からの借金としては相当に多いです。
ソフト闇金に申し込みする人は、預貯金がほとんどないケースがほとんどです。
また、常に金欠で支払いに追われており、30万円という借金を返済するのは容易ではありません。
ソフト闇金側もそれを認識しているからこそ、初回は10万円に抑えているところが多いのです。
お金は使うのは簡単ですが、返すのは並大抵のことではありません。
しかも、利息が大きいとなれば、利息の支払いだけで精一杯になってしまうでしょう。
結論としてソフト闇金から借りる時は、多くても初回で10万円以内にすることをおすすめします。
■初回30万円を借りるための信用力とは
安定した収入のある人以外は相手にしてもらえないことが多いです。
ソフト闇金は、誰にでも融資する印象があるかもしれませんが、意外にも近年は審査を厳格にして融資対象を絞っています。
初回で30万円借りられる人は、会社員や公務員などに限定されることもあります。
初回で30万円が難しい人は、収入が安定しない人です。
非正規雇用者や自営業者などは、そもそも1円も借りられないケースもあります。
また、投資で利益を得ている人も同様で、これは利益を上げられる確実性がないためです。
それ以外ですと、他社から借りて踏み倒している人も該当します。
ソフト闇金は貸金業登録をしていません。
それゆえ、個人信用情報を各社で共有することもできませんが、利用者の融資履歴や傾向などは各社で共有されます。
ほかのソフト闇金からの評判が悪い利用者に関しては、会社員・公務員であろうと却下される可能性が大いにあります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!