ブラックの人がおまとめローンを利用するためのポイント

おまとめローンは、通常の融資とは若干異なった性質を持っています。普通、個人が利用できる少額融資では貸金業法という法律に従って相談しなくてはいけません。個人が融資を受けるときには、お金を貸す消費者金融と消費者が健全に取引を行うことができるように一定の制限が設けられています。これを総量規制といい、個人であるのならば誰であっても適用されるルールになります。この点から考えると、実はおまとめローンはこの総量規制の適用外になっています。一般的に、ブラックになる場合にはこの総量規制の制限を受けているかどうかや金融機関の信用情報に傷が付いているかどうかがとても重要になります。この点、おまとめローンの場合は少なくとも総量規制の対象外として認識されていますので、ブラックと呼ばれている人の中でも総量規制の観点からお金を借りられないときには、融資の相談を行える可能性があります。おまとめローンは、元々新しく金銭を借りるというよりかは、複数から借りている金銭を1つにまとめるためのサービスです。なぜこのようなサービスに需要が存在するのかというと、複数の消費者金融からお金を借りていると、手数料や金利で問題が生じることも多いからです。こういった問題点を解決するために、おまとめローンが提供されています。一方で、注意をしておかなくてはならないこともあります。それは、金融機関からお金を借りて信用情報に傷が付いているブラックな状態では、おまとめローンを利用することが難しい点です。おまとめローンは、確かに総量規制の対象外となっていますが、金融機関の一般的なローンと同様に信用情報を確認して審査を行うことになります。そのため、審査の過程で本人の返済能力を信用情報の観点から審査することになるので、借金返済が滞ったりトラブルになった経験がある人は、このサービスを利用することが難しくなります。ですから、この違いをきちんと理解してサービスを相談することです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!