ソフト闇金で返済できないかもと思っても待ってくれる

ソフト闇金の返済期間はとても短く、利息も高くなっています。
そのため、返済できないかもと感じている方も中にはいるでしょう。
そんな場合は、きちんと連絡をすることで返済を待ってくれるソフト闇金も存在しています。
従来のヤミ金であれば簡単には引き下がってくれることはありませんでしたが、闇金のイメージを良くしようと考えているソフト闇金の場合は、多少の遅れは待ってくれることがあります。
連絡をせずに延滞する場合、業者からのしつこい電話連絡や嫌がらせを受けたり、個人情報を流されると言ったデメリットがありますが、柔軟に対応する姿勢があるという点は、これまでの闇金とは大きく異なる点です。
ただし、返済遅れに対して寛大に対応してくれるかどうかは業者次第です。
中には厳しい対応をするところもあります。
それは、ソフト闇金と言っても運営している人はそれぞれ異なるスタンスでやっているからです。
こうした事情は外からはわからないので、連絡をしてみなければわかりません。
また、ソフト闇金の融資は法外な金利を設定していて貸金業の登録もないので、民法上は不法原因給付となります。
不法原因給付に該当する場合は、法的に返済を求める権利がないので、のちに裁判で債務名義を取られて強制執行をされるということはありません。
つまり返済の必要はないということになります。
ただし、ソフト闇金も闇金であり、返済が全くなされない場合は嫌がらせや強引な取り立てを行う可能性があります。
ソフト闇金の返済ができない時に相談するべき
ソフト闇金に正直に事情を話してみよう
ソフト闇金から借りる時は、無理な返済計画にならないように注意する必要があります。
返済が厳しくなる理由には収入の減少がありますが、それよりも多いのが借りすぎです。
自身の経済力に見合わない借入をすることで、返済できなくなる人が多いわけです。
返済ができない時は、まずはソフト闇金に話を通しておきます。
相談に応じてくれるかどうかは運任せですが、連絡を入れずに延滞すると取り立てがより厳しくなるのです。
ソフト闇金や闇金よりソフトな対応を売りにしているので、中には延滞をしても責めてこない業者もあります。
ただし、延滞をすると利息が急速に膨らむので、この点は要注意です。
ソフト闇金の場合は遅延損害金の設定はしていませんが、金利自体が相当に高いので消費者金融の遅延損害金よりも早く借金が膨らんでいきます。
■相談をする時のポイントは
ソフト闇金が求める回答は、いつまでに入金できるかです。
返済ができずに相談すると、具体的な返済日を必ず聞かれます。
ソフト闇金によっては延滞してもらい、利息を多く回収したほうが良しと考える業者もあります。
こうした業者の場合は何度か延滞しても優しく対応してくれることが多いですが、この対応が延々と続くわけではありません。
借金がある程度膨らんできたら、延滞を解消するように催促されることになります。
注意したいのは連絡も相談もせずに無断で延滞するケースで、携帯電話に何度も着信が入ったり、親族や友人に連絡がいったりする可能性があります。
無断で延滞すると相手も強気に出てくるので、誠心誠意を尽くして対応するようにしましょう。
■やってはいけない相談の内容とは
借金の返済ができないので、追加で融資してほしいとお願いするのは危険です。
借金を借金で返済する方法は、一時的に問題を乗り切れる反面、借り入れする金額に応じた利息が付きます。
借りれば借りるほど利息は膨らみ、ますます状況は悪化していくのです。
毎月の返済を圧縮してほしいというお願いも避けましょう。
返済額を圧縮すれば楽になる反面、利息はより大きくなるのです。
利息が大きければ返済が長期化するので、結果的に状況は悪化してしまいます。
なお、ソフト闇金から借りている人は、消費者金融から借りることはまずできません。
消費者金融にソフト闇金の借金を一本化したいと相談しても、その場で審査は却下されてしまいます。
ソフト闇金から借りる人は、返済できない借り方を最初から避けることが重要です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!