ソフト闇金の押貸し無し

闇金の手口には、押貸しというものがあります。
基本的にお金を借りる場合は、借りたい側が貸す側に声をかけます。
そして借りた分と利息を返済することで契約は終了です。
しかし押貸しの場合は、貸す側が勝手に口座にお金を入金します。
それを貸したことにして、利息を要求するという非常に悪質な手口です。
押貸しの被害に遭った時は、もちろん口座に不信な入金がされます。
そしてそれをそのまま放置してしまったり、使ってしまうようなことがあると、一方的に貸したということが成立してしまう恐れがあります。
そのため不信な入金がないかをこまめに確認しながら、もし発見した場合は速やかに対策をしなければなりません。
その押貸しを行う闇金が口座の情報を入手する方法は、盗むパターンと過去に流通させたパターンの2通りがあります。
前者の場合は一般的な人でも被害に遭う恐れがあります。
それに対して後者の場合は、一度闇金を利用するなどして、口座の情報を自ら教えているパターンです。
カモとして闇金から闇金を渡り歩いていることも考えられます。
この押貸しは闇金の手口ですが、ソフト闇金でも行われないとは限りません。
そもそも闇金もソフト闇金も、金利の面では違法であることには違いがありません。
そして越えてはいけない法律の線を越えているので、手口面でも十分あり得ます。
中には押貸し無しを謳っているところもあるかもしれませんが、基本的には当てにしない方が良いでしょう。

闇金の手口には、押貸しというものがあります。
基本的にお金を借りる場合は、借りたい側が貸す側に声をかけます。
そして借りた分と利息を返済することで契約は終了です。
しかし押貸しの場合は、貸す側が勝手に口座にお金を入金します。
それを貸したことにして、利息を要求するという非常に悪質な手口です。
押貸しの被害に遭った時は、もちろん口座に不信な入金がされます。
そしてそれをそのまま放置してしまったり、使ってしまうようなことがあると、一方的に貸したということが成立してしまう恐れがあります。
そのため不信な入金がないかをこまめに確認しながら、もし発見した場合は速やかに対策をしなければなりません。
その押貸しを行う闇金が口座の情報を入手する方法は、盗むパターンと過去に流通させたパターンの2通りがあります。
前者の場合は一般的な人でも被害に遭う恐れがあります。
それに対して後者の場合は、一度闇金を利用するなどして、口座の情報を自ら教えているパターンです。
カモとして闇金から闇金を渡り歩いていることも考えられます。
この押貸しは闇金の手口ですが、ソフト闇金でも行われないとは限りません。
そもそも闇金もソフト闇金も、金利の面では違法であることには違いがありません。
そして越えてはいけない法律の線を越えているので、手口面でも十分あり得ます。
中には押貸し無しを謳っているところもあるかもしれませんが、基本的には当てにしない方が良いでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!